フラまと

読んで楽しく、お役立ちな情報満載!「フラットまとめ」 収録 567 件☆

ハイパーインフレジンバブエ!経済崩壊の経緯と理由

毎年数万%というありえないハイパーインフレにより貨幣経済の崩壊したアフリカ南部の国、ジンバブエの経済崩壊の流れの解説です。幼稚な政治が経済を弄ぶとどうなるのか、の見本のような国です。
436 view
2021-11-08 23:58:20

経済崩壊のジンバブエ

かつてとんでもないインフレ(毎年数万%)で世界中を驚かせた、頭のおかしいアフリカの国家、ジンバブエの、自業自得過ぎる崩壊の歴史をご紹介します。

そもそもジンバブエとは

ジンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく、英: Republic of Zimbabwe)、通称ジンバブエは、アフリカ大陸の南部に位置する共和制国家。首都はハラレ。

内陸国であり、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する。なお、地図を一見すると接しているように見えるナミビアとは、ザンビア、ボツワナを挟んで150メートルほど離れている。2003年に脱退するまでイギリス連邦の加盟国だった。

初代首相、2代目大統領を務めたロバート・ムガベは1980年のジンバブエ共和国成立以来、37年の長期に渡って権力の座につき、その強権的な政治手法が指摘されてきたが、2017年11月の国防軍によるクーデターで失脚した。
正式名称は英語で Republic of Zimbabwe(リパブリク・オヴ・ズィンバーブウェ)。通称 Zimbabwe。日本語の表記はジンバブエ共和国もしくはジンバブウェ共和国。通称ジンバブエ。日本での漢字表記は「辛巴威」。中国では辛巴威に加え、「津巴布韋」とも表記される。

国名はショナ語で「石の館(家)」を意味し、ジンバブエ国内にあるグレート・ジンバブエ遺跡に由来する。かつては南ローデシアと呼ばれていた。

経済危機とハイパーインフレ

1999年、コンゴ民主共和国(以後、コンゴと表記)のカビラ大統領と親交のあったムガベ大統領は内戦(第二次コンゴ戦争)が勃発したコンゴに約1万人の軍を派兵した。コンゴのカビラ大統領を支えるという名目だったが、真の目的としてコンゴにあるムガベ一族所有のダイヤモンド鉱山を守る事や、それらのダイヤモンドのほか銅や金など、コンゴの地下資源を狙う理由があった。反対運動がコンゴの都市部を中心に活発に起き、派兵直後にカビラ大統領が暗殺されるなどコンゴ派兵は混乱を招いた。ムガベ大統領は第二次コンゴ戦争への派兵に専念していったため、ジンバブエの経済や医療、教育などが悪化していった。

そのためムガベ大統領への批判が相次ぎ、イギリスのマスメディアなどは、ムガベ大統領は批判を避ける目的で白人農場を強制収用する政策にすり替えていったとしている。
ムガベは初めは黒人と白人の融和政策を進め、国際的にも歓迎されてきたが、2000年8月から4,500人の白人が所有する4,000箇所以上の大農場の強制収用を政策化し、協同農場で働く黒人農民に再分配する「ファスト・トラック」が開始された。

この結果、白人地主が持っていた農業技術が失われ、食糧危機や第二次世界大戦後、世界最悪になるジンバブエ・ドルのハイパーインフレーションが発生した。こうした経済混乱に、ムガベの長期政権・一党支配に対する不満と相まって、治安の悪化も問題となった。また、言論の統制などの強権的な政策は、外国や人権団体などから批判を受けている。

なお本政策については、2020年8月に後継のムナンガグワ政権が農地を収用された白人農業経営者らに対して35億USドル(約3700億円)の保証金を支払うことで合意したほか、農地の所有権の返還申請を可能とすることを発表している。
2005年5月には「ムラムバツビナ作戦」によって地方の貧しい都市地域および周辺都市地域を標的に大規模な強制退去と住居破壊を行い、さらには2007年3月11日、警察によって活動家ギフト・タンダレが暗殺されている。
通貨ジンバブエ・ドル (ZWD) は、アメリカの評論誌『Foreign Policy』によれば、2007年調査時点で世界で最も価値の低い通貨ワースト5の一つとなり、2008年5月に1億と2億5000万の額面のジンバブエ・ドル札が発行された後も、50億、250億、500億ドル札の発行と続き、7月には1000億ドル札の発行が行われた(これは発行時の時点で世界最高額面の紙幣)。そのため、コンピュータの処理にトラブルが発生したことから、中央銀行はデノミネーションを実施し、大幅な通貨単位の引き下げを実施した。それにより1000億ドルが10ドルとなり、対応した新紙幣が発行された。しかし、さらにインフレが続いたため、12月末には100億ドル新紙幣を、2009年1月には再び200億ドル紙幣と500億ドル紙幣の発行を行った。この時点でジンバブエ・ドルの価値は、250億(25000000000)ジンバブエ・ドル=1米ドルとなった。年間インフレ率は約2億3000万%に達した(2009年1月)。

同カテゴリ人気ランキング

同じカテゴリ内でもアクセスの多い人気ページをご紹介。
なぜか、すぐ爆発してしまう中国製品や、中国にまつわる爆発事故色々。そんなすご過ぎの通称チャイナボカンをご紹介。
view 6383
2020-11-29 03:58:30
探検はロマンだけじゃなく危険も!世にある洞窟の数々で発生した恐ろしい事故・事件の数々をご紹介。
view 3521
2021-02-25 03:28:24
頭おかしい親が増えていて、近年作られたワードのモンスターペアレントについて解説。
view 1327
2021-03-04 03:38:11
桜の木を枯らしてしまう外来カミキリのクビアカツヤカミキリにより、全国で桜の木が被害に合うケースが増えています。
view 1241
2020-07-29 14:48:44
令和となり、ほぼ失策しかなかった平成時代の、特に目立つ悪政を振り返る。
view 1161
2020-12-20 06:01:21
歴史的なできごととして、ベルリンの壁崩壊は知られていても、そもそもその壁とはなんだったのか、は知られていないため解説を。
view 1108
2021-03-04 03:24:29
コロナ患者が連日記録更新中な東京都にて、月曜においては過去最高になる481人の感染者が確認されました。
view 1021
2020-12-28 17:12:59
JR新大久保駅前の、イスラム関連のお店が立ち並ぶ新たな新名所となっている、通称「イスラム横丁」の紹介まとめです。
view 997
2021-09-18 02:00:17
感染拡大が止まらない東京で、12月10日過去最大で、600人超えの602人の感染が確認されたそうです。
view 919
2020-12-11 01:22:21
東京都での新型コロナ感染者数が、12月27日、日曜としては過去最多の708人確認したとのこと。
view 881
2020-12-28 09:18:07

同カテゴリリンク集

同カテゴリのお役立ちサイトをランダムでご紹介。
2015-02-05
一応確認は都内で初のオミクロン株の市中感染。別に県境に壁があるわけでも、他県との交流を断絶してるわけでもないのでどうでもいいニュースです。


2015-04-01
「8万円の固定給に120時間超の残業」衝撃の条件で働く社員の激白で、サカイ引越センター大炎上中です。


2014-04-07
賃金据え置きなのに、値上げ続々、という地獄ラッシュが止まりません。


2016-05-06
領土なき国家?として世界の多くの国からも支持される主権実体として扱われるマルタ騎士団のご紹介。


2018-10-22
10月21日、福岡県で開かれたプリンセス駅伝2区で、骨折した選手が這いつくばって襷を次の選手に繋いだという事件があり議論を呼んでいます。


2015-06-19
1月18日のコロナウイルス感染者数が午後5時40分時点、全国で3万1197人。


2020-09-25
以前話題になった毒を持つ危険な外来生物であるヒアリ。最近話題に出なくなり、日本には定着できなかったと見られていた矢先の衝撃です。


2013-06-18
相撲の発祥地としても知られる、江東区にある富岡八幡宮の敷地内で女性宮司の富岡長子さんが殺害された衝撃の事件をご報告。


2015-10-23
近年増大中の謎の事案!こんなことで警察にマークされてしまうの??驚きの事案集合。


2015-05-05
コロナ禍をはじめ、給料据え置きどころかダウンなのに値上げの嵐で地獄です。